新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

国土交通大臣と指定都市市長との懇談会 開催

平成21年7月8日
平成21年7月8日(水)国土交通大臣室において、指定都市の市長と金子一義国土交通大臣が、国直轄事業負担金の見直しを始めとする諸課題について、意見交換するため懇談会を開催いたしました。
  懇談会では、「国直轄事業負担金に関する指定都市の緊急意見」を大臣に説明し、国直轄事業の見直しにあたり、地方の意見を最大限尊重するよう要請しました。
日時 平成21年7月8日(水) 午後4時~午後4時45分
場 所 国土交通大臣室
左から:髙谷岡山市長
平松大阪市長
矢田神戸市長
金子国土交通大臣
阿部川崎市長
鈴木浜松市長
清水さいたま市長
  photo
photo  
左奥から: 矢田神戸市長
  平松大阪市長
  髙谷岡山市長
中央奥: 金子国土交通大臣
右奥から: 阿部川崎市長
  鈴木浜松市長
  清水さいたま市長
  中田横浜市長
出席者 国土交通省側: 国土交通大臣  金 子 一 義
指定都市側 : 会  長  神戸市長   矢 田 立 郎
副 会 長  川崎市長   阿 部 孝 夫
さいたま市長 清 水 勇 人
横浜市長   中 田   宏
浜松市長   鈴 木 康 友
大阪市長   平 松 邦 夫
岡山市長   髙 谷 茂 男

提案内容につきましては、次の資料をご覧ください。

このページのトップへ戻る