新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

地方自治法上の直接請求の署名収集期間にかかる指定都市市長会提案

平成22年6月2日

6月2日(水)、指定都市市長会は、政府、与党に対して、「地方自治法上の直接請求の署名収集期間」に関して、要請活動を行いました。

左から:鈴木浜松市長
      原口総務大臣
      阿部川崎市長
      河村名古屋市長
photo

photo
左奥:鈴木浜松市長
左手前:眞田事務局長
中央:原口総務大臣
右奥:阿部川崎市長
右手前:河村名古屋市長

左から河村名古屋市長
     鈴木浜松市長
     阿部川崎市長
photo
日時 平成22年6月2日(水)
提出先 民主党、総務省
提出者 阿部 孝夫  川崎市長(指定都市市長会副会長)
鈴木 康友  浜松市長
河村 たかし 名古屋市長
面談 9:30~9:45原口 一博  総務大臣
面談場所:総務省7階 総務大臣室

要請事項は、次のとおりです。
○指定都市にかかる直接請求の署名収集期間について、都道府県と同様に二箇月以内とすること。

要請内容につきましては、次の資料をご覧ください。

このページのトップへ戻る