新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

2020年オリンピック招致及び2022年FIFAワールドカップ招致に関する応援決議に関する指定都市市長会のアピール

平成22年8月4日

8月4日(水)、指定都市市長会は、2020年オリンピック招致及び2022年FIFAワールドカップ招致に関する応援決議について、意見表明しました。

アピール内容は次のとおりです。

広島市、札幌市をはじめとする指定都市が、2020年オリンピック招致及び2022年FIFAワールドカップ招致に取り組んでいる。
世界中の人々が平和について考え、相互理解を深める契機となる国際大会を開催することは、関係都市だけでなく、全国に活力を与えるとともに、国際社会における日本の存在感を高める上でも非常に有意義なことであり、指定都市市長会としてその活動を応援することを決議するもの。

*詳細につきましては、次の資料をご覧ください。

このページのトップへ戻る