新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

社会保障制度全般のあり方を含めた生活保護制度の抜本的改革の提案

平成22年10月20日

10月20日(水)、指定都市市長会は、政府・与党等に対し、社会保障制度全般のあり方を含めた生活保護制度の抜本的改革に関して、提案を行いました。

左から:平松大阪市長
      矢田神戸市長
      藤村厚生労働副大臣
      岡本厚生労働大臣政務官
photo

photo
左:矢田神戸市長
中央:山根民主党企業団体対策委員長
右:平松大阪市長

左から:平松大阪市長
      矢田神戸市長
      藤村厚生労働副大臣
      岡本厚生労働大臣政務官
photo
photo
左:平松大阪市長
右:矢田神戸市長

要請日 平成22年10月20日(水)
提出先 民主党、厚生労働省等
提出者 矢田 立郎 神戸市長(指定都市市長会 会長)
平松 邦夫 大阪市長(指定都市市長会 市民生活・都市活力部会 部会長)
面 談 11:15~11:30 山根 隆治  民主党企業団体対策委員長
面談場所:衆議院院内2階 第13控室
15:40~15:55 藤村 修   厚生労働副大臣
岡本 充功  厚生労働大臣政務官
面談場所:厚生労働省10階 藤村副大臣室
記者会見 16:00~16:45 厚生労働省9階 厚生労働記者会会見室
詳しくは大阪市HPをご覧ください。

  詳細につきましては、次の資料をご覧ください。

このページのトップへ戻る