新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

都道府県から指定都市への事務・権限の移譲等について(会長談話)

平成25年9月13日

指定都市市長会会長(矢田 立郎:神戸市長)は、都道府県から指定都市への事務・権限の移譲等に関し、地方分権改革推進本部において取り扱うことが決定されたことについて談話を発表しました。

資料は次のとおりです。

このページのトップへ戻る