新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

法人住民税法人税割の地方交付税原資化に対する反論(会長談話)

平成25年11月7日

指定都市市長会は、総務省地方財政審議会の「地方法人課税のあり方等に関する検討会」において取りまとめられた報告書について、会長(矢田 立郎:神戸市長)談話を発表しました。

資料は次のとおりです。

このページのトップへ戻る