新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

「増大する医療費等の適正化に関する指定都市市長会要請」、「地域包括ケアシステムに係る在宅医療・介護連携推進に関する指定都市市長会要請」、「生活保護における医療費一部自己負担に係る指定都市市長会要請」

平成28年1月19日

1月19日(火)清水勇人 さいたま市長(社会保障部会担当市長)が、指定都市を代表して、厚生労働省に対し「増大する医療費等の適正化に関する指定都市市長会要請」、「地域包括ケアシステムに係る在宅医療・介護連携推進に関する指定都市市長会要請」、「生活保護における医療費一部自己負担に係る指定都市市長会要請」を行いました。

【要請書】
増大する医療費等の適正化に関する指定都市市長会要請(PDF)
地域包括ケアシステムに係る在宅医療・介護連携推進に関する指定都市市長会要請(PDF)
生活保護における医療費一部自己負担に係る指定都市市長会要請(PDF)


左から 三ツ林 政務官
清水 さいたま市長

photo

photo


面談の様子

日 時 平成28年1月19日(火) 10:15~10:30
場 所 合同庁舎5号館 大臣政務官室
要請先 厚生労働省
提案内容 ・増大する医療費等の適正化に関する指定都市市長会要請
・地域包括ケアシステムに係る在宅医療・介護連携推進に関する指定都市市長会要請
・生活保護における医療費一部自己負担に係る指定都市市長会要請
提出者 さいたま市長 清水 勇人
面 談 厚生労働大臣政務官 三ツ林 裕巳
このページのトップへ戻る