新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

平成28年熊本県熊本地方を震源とする地震に対する「広域・大規模災害時における指定都市市長会行動計画」における現地支援本部の設置について

平成28年4月17日

指定都市市長会(会長:林 文子 横浜市長)は、平成28年熊本県熊本地方を震源とする地震に対する「広域・大規模災害時における指定都市市長会行動計画」における現地支援本部を熊本県庁新館10階に設置しました。
現地支援本部において、被害状況を把握し、被災自治体に対する支援を進めます。

1.現地支援本部について

設置日時 平成28年4月17日(日)9時00分
設置場所 熊本県庁 新館10階
構成都市 広島市、岡山市、北九州市、福岡市
(参考)中央連絡本部:本部長 指定都市市長会会長(横浜市長)
※中央連絡本部は指定都市市長会事務局(東京都千代田区日比谷公園市政会館)に設置しております。

2.被災地への物資供給

支援物資については、上記の行動計画に基づき、被災地に近い都市から、被災地のニーズに応じて順次、発送を開始しました。
今後、現地ニーズを勘案して、協力する都市を拡大してまいります。
(支援物資)毛布、粉ミルク、紙おむつ、生理用品、ごみ袋、アルファ米、水、哺乳瓶など

3.指定都市市長会の支援対象

全国知事会等との協議により、指定都市市長会は、当面、熊本市への援助に重点をおきます。

このページのトップへ戻る