新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

全国市議会議長会指定都市協議会で指定都市市長会の活動状況を報告しました

平成28年8月18日

指定都市市長会では、当会が提案する政策等の実現を図るため、今年度より新たに指定特命事項(担当市長:清水勇人 さいたま市長)を設け、指定都市議長会との連携強化に取り組んでおります。

このため、8月18日(木)に開催された「全国市議会議長会指定都市協議会」の第10回総会において、桶本大輔 さいたま市議会議長より、今年度の指定都市市長会の活動状況について報告していただきました。


会議の様子

photo

photo


説明する桶本議長

当日の配布資料は、次のとおりです。

このページのトップへ戻る