新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

文化芸術立国の実現に向けた指定都市市長会提言(文部科学省・文化庁)

平成30年12月26日

平成30年12月26日(水)、門川 大作 京都市長(指定都市市長会 文化芸術・教育部会 部会長)は、指定都市市長会を代表して、文部科学省及び文化庁に対して、「文化芸術立国の実現に向けた指定都市市長会提言」を提出しました。


右から
永岡 文部科学副大臣
門川 京都市長

photo

photo


面談の様子

日  時 平成30年12月26日(水) 午後4時30分から午後4時40分まで
場  所 中央合同庁舎第7号館 東館11階 永岡桂子副大臣室
提 言 先 文部科学省
提言内容 文化芸術立国の実現に向けた指定都市市長会提言
提 出 者 京都市長 門川 大作
面 談 者 文部科学副大臣 永岡 桂子


左から
宮田 文化庁長官
門川 京都市長

photo

photo


面談の様子

日  時 平成30年12月26日(水) 午後5時45分から午後6時まで
場  所 中央合同庁舎第7号館 旧文部省庁舎5階 長官室
提 言 先 文化庁
提言内容 文化芸術立国の実現に向けた指定都市市長会提言
提 出 者 京都市長 門川 大作
面 談 者 文化庁長官 宮田 亮平
このページのトップへ戻る