新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

公共施設等の長寿命化に関する指定都市市長会要請(総務省)

令和元年11月20日

令和元年11月20日(水)、清水 勇人 さいたま市長(指定都市市長会 公共インフラ長寿命化推進特命担当市長)が、指定都市市長会を代表して、総務省に対して、「公共施設等の長寿命化に関する指定都市市長会要請」を行いました。

左から
清水 さいたま市長
鈴木 総務省事務次官
photo
日 時 令和元年11月20日(水) 午前11時から午前11時10分まで
場 所 総務省 事務次官室
提 言 先 総務省
提言内容 公共施設等の長寿命化に関する指定都市市長会要請
提出者 さいたま市長 清水 勇人
面 談 者 総務省 事務次官 鈴木 茂樹

また、同日、国土交通省に対しても、「公共施設等の長寿命化に関する指定都市市長会要請」を行いました。

このページのトップへ戻る