新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

「新型コロナウイルス感染症情報連絡会議」の設置について| 指定都市市長会

令和2年1月31日

指定都市市長会は、中華人民共和国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症について、世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言を行うなど、感染が拡大している現下の状況に対応するため、「新型コロナウイルス感染症情報連絡会議」を設置します。
今後、各指定都市における対応状況や課題等を把握し、必要に応じて国への要請等を検討していきます。

  1. 名称
    新型コロナウイルス感染症情報連絡会議
  2. 設置日
    令和2年1月31日
  3. 構成員
    林 横浜市長  (指定都市市長会 会長)
    門川 京都市長 (指定都市市長会 副会長)
    北橋 北九州市長(指定都市市長会 副会長)
    鈴木 浜松市長 (指定都市市長会 副会長)
    熊谷 千葉市長 (指定都市市長会 副会長)
    松井 広島市長 (指定都市市長会 厚生・労働部会長)
このページのトップへ戻る