新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

自治体情報システムの標準化・共通化に関する指定都市市長会提言

令和3年5月24日

令和3年5月24日(月)、久元 喜造 神戸市長(総務・財政部会長)が、内閣府及び総務省に対して「自治体情報システムの標準化・共通化に関する指定都市市長会提言」を行いました。

左から  藤井  比早之  内閣府副大臣

久元  喜造  神戸市長

photo

日   時 令和3年5月24日(月) 15時15分から15時35分まで
場   所 中央合同庁舎8号館10階 副大臣室
提 言 先 内閣府
提 言 内 容 自治体情報システムの標準化・共通化に関する指定都市市長会提言
提 出 者 久元 喜造 神戸市長
面 談 者 藤井 比早之 内閣府副大臣

左から  髙原  剛  自治行政局長

久元  喜造  神戸市長

photo

日   時 令和3年5月24日(月) 15時50分から16時10分まで
場   所 中央合同庁舎2号館
提 言 先 総務省
提 言 内 容 自治体情報システムの標準化・共通化に関する指定都市市長会提言
提 出 者 久元 喜造 神戸市長
面 談 者 髙原 剛 自治行政局長
このページのトップへ戻る