新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

新型コロナウイルス感染症に対する国産ワクチンの早期実用化に関する指定都市市長会要請(厚生労働省)

令和3年11月19日

令和3年11月19日(金)、山中 竹春 横浜市長が、指定都市市長会を代表して、島村 大 厚生労働大臣政務官に対して「新型コロナウイルス感染症に対する国産ワクチンの早期実用化に関する指定都市市長会要請」を行いました。

日   時 令和3年11月19日(金) 17時15分から17時35分まで
場   所 厚生労働省(中央合同庁舎5号館)10階 島村大臣政務官室
要 請 先 厚生労働省
要 請 内 容 新型コロナウイルス感染症に対する国産ワクチンの早期実用化に関する指定都市市長会要請
提 出 者 山中 竹春 横浜市長
面 談 者 島村 大 厚生労働大臣政務官

左から 山中 竹春 横浜市長
島村 大 厚生労働大臣政務官

写真 左から 山中竹春 横浜市長  島村大 厚生労働大臣政務官

このページのトップへ戻る