新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

意見表明・活動報告

令和2年度国の施策及び予算に関する提案

令和元年7月12日

 令和2年度国家予算の編成に先立ち、国から地方への税源移譲・権限移譲等の一体的な実施による真の分権型社会の実現に向け、指定都市共同の提案事項を取りまとめました。

提案事項は、次のとおりです。

  1. 1  真の分権型社会の実現のための国・地方間の税源配分の是正
  2. 2  大都市税源の拡充強化
  3. 3  国庫補助負担金の改革
  4. 4  地方固有の財源である地方交付税の必要額の確保と臨時財政対策債の廃止
  5. 5  多様な大都市制度の早期実現
  6. 6  子ども・子育て支援の充実
  7. 7  インフラ施設の長寿命化対策
  8. 8  学校における働き方改革の推進
  9. 9  医療保険制度の抜本的改革及び国民健康保険財政の確立
  10. 10 義務教育施設等の整備促進
  11. 11 子育て家庭等の経済的負担の軽減措置や子どもの貧困対策
  12. 12 介護保険制度の見直しと財政措置の拡充
  13. 13 下水道施設の改築への国費負担の継続及び国土強靱化のための財源の確保
  14. 14 福祉・保健・医療人材確保の施策の充実
  15. 15 生活保護の更なる適正化及び生活困窮者支援に対する財政措置

提案内容につきましては、次の資料をご覧ください。

このページのトップへ戻る