新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

会議・懇談会・シンポジウム

第20回指定都市市長会議 開催

平成17年12月22日

平成17年12月22日(木)東京都内において、「大都市特例税制についての提言」、「大都市制度調査研究プロジェクトの経過報告」などを議題とした、第20回指定都市市長会議を開催しました。
会議では、『第28次地方制度調査会の「大都市制度のあり方」に関する今後の調査審議についての意見』を採択するとともに、平成18年4月からの指定都市市長会の会長として松原武久名古屋市長を、副会長として末吉興一北九州市長及び阿部孝夫川崎市長をぞれぞれ選任(再任)しました。

概要

日時 平成17年12月22日(木)午後3時から午後5時30分
会場 都市センターホテル(東京都千代田区平河町2-4-1)
出席
札幌市長 上田 文雄 名古屋市長 松原 武久
仙台市長 梅原 克彦 京都市副市長 松井 珍男子
さいたま市長 相川 宗一 大阪市長 關 淳一
千葉市長 鶴岡 啓一 広島市長 秋葉 忠利
川崎市長 阿部 孝夫 福岡市長 山崎 広太郎
静岡市助役 松田 秀夫
議題 (1) 「大都市特例税制についての提言」について
資料 指定都市の事務配分の特例に対応した大都市特例税制についての提言指定都市の事務配分の特例に対応した大都市特例税制についての提言(資料編)
(2) 大都市制度調査研究プロジェクトの経過報告について
資料 大都市制度調査研究プロジェクトの提言(案)の概要について大都市制度調査研究プロジェクトの提言(案)の概要(資料編)
(3) 指定都市市長会の新たな取り組みについて
資料 指定都市市長会の新たな取り組みについて
(4) 平成18年度指定都市市長会の役員体制について
席次
このページのトップへ戻る