新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

会議・懇談会・シンポジウム

指定都市市長会シンポジウムin KOBE

平成24年6月2日

6月2日(土)、神戸市でシンポジウムを開催し、275人の方が参加しました。

はじめに、「大都市が果たすべき役割と大都市制度」と題し、林 宜嗣 関西学院大学教授による基調講演が行われました。

photo

photo

続いて、「NEXT KOBE ~これからの神戸を考える。~」をテーマに、パネルディスカッションを行いました。


講演録 講演録(PDF)
日時 平成24年6月2日(土)14:00-16:00(13:30開場)
会場 神戸朝日ホール(神戸市中央区浪花町59)
内容・
出演者
チラシ

基調講演「大都市が果たすべき役割と大都市制度」
・林 宜嗣(関西学院大学教授)

パネルディスカッション
「NEXT KOBE ~これからの神戸を考える。~」
・林 宜嗣(関西学院大学教授)
・玉岡 かおる(小説家)
・高士 薫(神戸新聞社 代表取締役社長)
・矢田 立郎(神戸市長)
・(進行)三上 公也(ラジオ関西パーソナリティ)

参加費 無料
問合せ 神戸市企画調整局企画調整部企画課
TEL:078-331-8181(内線2316)(土・日・祝日を除く 8:45~17:30)
このページのトップへ戻る