新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

会議・懇談会・シンポジウム

「第33回指定都市市長会議」の開催

平成24年7月20日
第32回指定都市市長会議
上段左から、札幌・仙台(副市長)・さいたま・千葉・川崎・横浜(副市長)・相模原・新潟・静岡・浜松(副市長)、
下段左から、名古屋・京都・堺・神戸・岡山・広島・北九州(副市長)・福岡・熊本の各市長

7月20日(金)、指定都市市長会(会長:矢田 立郎 神戸市長)は、東京都内で第33回指定都市市長会議を開催し、次の案件を決議しました。
 (1) 地域主権改革の推進に向けた指定都市市長会意見
 (2)多様な大都市制度の早期実現に必要な法整備を求める指定都市市長会アピール
 (3) 「生活支援戦略」中間まとめ に関する指定都市市長会意見
 (4)東京2020オリンピック・パラリンピック招致に関する応援決議

提案内容につきましては、次の資料をご覧ください。

*議事録は次のとおりです。

*会議資料は次のとおりです。

このページのトップへ戻る