新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

会議・懇談会・シンポジウム

指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う」(開催報告)

平成29年4月26日

4月26日(水)仙台市青葉区の仙台国際センターで、シンポジウムを開催し、約250人の方が参加しました。

はじめに、「過去の大震災と来たるべき巨大地震-人と技術・情報の備え-」 と題し、東北大学災害科学国際研究所所長 津波工学研究分野教授の今村文彦氏による基調講演が行われました。

 

photo

photo

続いて、過去の震災への対応から得た課題や教訓、指定都市の役割や都市間連携などについてパネルディスカッションを行いました。


講演録 準備中
日時 平成29年4月26日(水)14:00-16:30
会場 仙台国際センター(仙台市青葉区青葉山無番地)
テーマ 助け合いの力が日本を救う
内容・
出演者
チラシ

○基調講演
「過去の大震災と来たるべき巨大地震-人と技術・情報の備え-」
 今村 文彦
  (東北大学災害科学国際研究所所長・津波工学研究分野教授)

○パネルディスカッション
パネリスト
 今村 文彦
  (東北大学災害科学国際研究所所長・津波工学研究分野教授)
 田村 太郎(【一財】ダイバーシティ研究所代表理事)
 久元 喜造(神戸市長)
 奥山 恵美子(仙台市長)
コーディネーター
 武田 真一(河北新報社防災・教育室長)

問い合わせ 指定都市市長会事務局
(電話番号)03-3591-4772
このページのトップへ戻る