新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

会議・懇談会・シンポジウム

指定都市市長会シンポジウム AI・IoT・ビッグデータ時代の新たな指定都市~Society5.0の実現に向けて~(開催報告)

平成31年3月20日

はじめに、「Society5.0とAI社会原則:社会と人間の新たな発展のために」と題し、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授の須藤 修氏による講演が行われました。

講演の写真

事例発表の写真

続いて、「地域発 オープンイノベーションで進化する公共交通の最前線」と題し、東京大学生産技術研究所助教の伊藤 昌毅氏による事例発表が行われました。


その後、「AI・IoT・ビッグデータ時代の新たな指定都市」をテーマに、指定都市市長によるパネルディスカッションを行いました。 

パネルディスカッションの写真

講演録 講演録(PDF)
日時 平成31年3月12日(火)13:30-16:30
会場 東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール
(東京都文京区本郷7丁目3−1)
テーマ AI・IoT・ビッグデータ時代の新たな指定都市~Society5.0の実現に向けて~
内容・
出演者
チラシ

○講演
 須藤 修(東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授)

○事例発表
 伊藤 昌毅(東京大学生産技術研究所助教) 

○パネルディスカッション
 パネリスト
  林  文子(横浜市長)
  熊谷 俊人(千葉市長)
  大森 雅夫(岡山市長)

 全体進行
  木佐 彩子(フリーアナウンサー)

このページのトップへ戻る