新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

会議・懇談会・シンポジウム

指定都市市長会シンポジウムの開催について

令和4年1月21日
日時 令和4年3月2日(水)14:00-16:10(予定)
開催方法 オンライン開催
テーマ 新しい時代への挑戦 ~コロナ禍のその先へ~ -指定都市がリーダーシップを発揮するために-
内容・
出演者
チラシ チラシ

○基調講演
 テーマ:「地方創生の未来に向けて~人口減少社会における新しい価値創造~」
 講演者:柳川 範之氏(東京大学大学院経済学研究科教授)

○リレートーク
 テーマ及び講演者:
 「地域経済の「担い手」の連携を通じた京都活性化モデルについて」
 株式会社京都銀行 営業本部法人総合コンサルティング部 部長 雨宮 次郎氏
 「指定都市発、自治体課題解決に向けて」
 株式会社MAKOTO WILL 代表取締役 菅野 永氏

○パネルディスカッション
 テーマ:「ポストコロナ時代の新たな指定都市~多様な大都市制度の実現に向けて~」
 パネリスト
 ・鈴木 康友(指定都市市長会会長/浜松市長)
 ・福田 紀彦(指定都市市長会広報委員長、経済界との連携強化担当/川崎市長)
 ・大西 一史(指定都市市長会危機管理・災害対策委員長/熊本市長)

参加申込み
インターネット(https://events.nikkei.co.jp/44665/)で
お申込みください。
QR
問い合せ先
(申込先)
日経電子版オンラインセミナー「令和3年度指定都市市長会シンポジウム」事務局
専用メールアドレス ds_seminar@nex.nikkei.co.jp (9:30~17:30 土・日・祝日を除く)
このページのトップへ戻る