新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

各市長からのメッセージ

川崎市長:福田 紀彦

  • 国際戦略拠点の形成が進む殿町キングスカイフロント

  • 産業観光スポットとして話題の川崎臨海部の工場夜景

  • 川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム

メッセージ

川崎市の紹介

みなさんこんにちは。川崎市長の福田紀彦です。

今日は川崎市の紹介をさせていただきたいと思います。

川崎市は7つの区にわかれておりまして、それぞれの7区が、まさに海側から丘陵地帯まで多彩な顔を持っております。私はこの7区の川崎を虹のようといっているのですが、一つずつのそれぞれの特色のある区がきれいに合わさって美しい川崎市をつくっていると思っております。

「最幸のまち」を目指して

私は、この川崎を「最幸のまち」、最も幸せと書いて、「最幸のまち」にするというスローガンを掲げて今、市政運営に取り組んでいます。「安心のふるさとづくり」、そして、「力強い産業都市」と、この2本柱で市政運営を進めておりますけれども、これからそれぞれの基礎自治体の抱えるテーマというのは本当に多岐にわたってまいりますし、また、難しい課題を抱えております。そういった意味では、その「補完性の原則」に基づいて、この権限と財源というものをしっかりと集中させていく、そういった地方分権の取組をやっていかなければならないと思っております。そういった意味で、政令指定都市の皆さんと力をあわせてこの地方分権を勝ち取っていかなければならないと思っておりますのでよろしくお願いします。

そして、本市では先ほど申し上げた国あるいは都道府県から基礎自治体へというそういった分権も必要な一方で、私たちの基礎自治体の中での都市内分権ということもしっかりやっていかなければならないと思っております。7区あるそれぞれの区に自分たちの区の課題、身近な課題は身近なところで解決するという都市内分権をしっかり進めていきたいと思っております。

個性と魅力あふれるまち かわさき

それでは、川崎のそれぞれの魅力をお伝えしたいと思います。

このオレンジ色の川崎市域のところでありますけれども、7つの区がずっと横に並んでおります。そして、一番海側の臨海部のところに、羽田空港のまさに多摩川を挟んで対岸のところに、「キングスカイフロント」というライフサイエンスを中心とした産業、研究機関の集積が進んでいます。日本の成長戦略でもありますライフサイエンスの集積が、まさにこの国際空港羽田のすぐ隣でどんどん進んでいるところであります。

そして、見所満載でありますけれども、「音楽のまち」、「スポーツのまち」ということでも今みなさんにアピールさせていただいております。

まず、「音楽のまち」の本拠地であります「ミューザ川崎シンフォニーホール」でありますけれども、先日もベルリンフィルの方々に来ていただいて、演奏していただきましたけれども、世界最高水準の音響効果を持っているホールであります。そして、この市内には3つの音楽大学が集積しておりまして、川崎で学んだ学生さんたちが世界に今羽ばたいていっております。

そして、「スポーツのまち」かわさきでありますけれども、この川崎のちょうど真ん中のところ、武蔵小杉駅、今、首都圏の中でも急速に発展しているところでありますけれども、この武蔵小杉駅のすぐ近くに等々力競技場がありまして、Jリーグの川崎フロンターレのホームグランドになっております。そして、サッカーだけなく、バスケット、バレーボールなど市内に企業チームも沢山ありまして、活躍をいただいております。

そして、ミュージアムのような見所でありますけれども「藤子・F・不二雄ミュージアム」、ドラえもんで有名ですが、ここも全国から多くの皆さんにお集まりいただいております。その隣にあるのが、これまた世界的に有名な「岡本太郎美術館」、これも川崎のみならず市外から全国から皆さんに来ていただいて、楽しんでいただいております。また、「日本民家園」こういったところにも沢山の古い民家というものを展示しておりますし、その隣にも大平さんというプラネタリウムの世界的権威であります方が作った「メガスター」を今公開しておりまして日本でも屈指のプラネタリウムがこの場所で見られます。

是非、皆さんにこの川崎に足を運んでいただければと思っております。どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

福田 紀彦(ふくだ のりひこ)

生年月日:昭和47年4月20日
主な略歴:
平成 7年 5月 米国ファーマン大学政治学専攻卒業
平成 7年 6月 衆議院議員 松沢成文秘書
平成12年 6月 衆議院議員 松沢成文公設第一秘書
平成15年 4月 神奈川県県議会議員(1期)
平成19年 4月 神奈川県県議会議員(2期)
平成21年12月 神奈川県知事 松沢成文秘書
平成22年 2月 早稲田大学マニフェスト研究所客員研究員
平成25年11月 川崎市長(現在1期目)

このページのトップへ戻る