新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

各市長からのメッセージ

名古屋市長:河村たかし

  • 名古屋城

  • 熱田神宮

メッセージ

世界のナゴヤ、本物ナゴヤ、ぬくとい市民

名古屋には、本物の草薙剣を有し、1900年の歴史を持つ熱田神宮や本物の実測図に基づいて復元工事が進んでいる名古屋城本丸御殿など数多くの歴史的・文化的資産があります。 また、個人・法人市民税では日本初の恒久減税である市民税5%減税を実施しています。市民の皆さんの懐を少しでもぬくとめる(温める)ということを行っています。

さらに2027年にはリニア中央新幹線の開業が予定されており、東京‐名古屋間が約40分で結ばれます。名古屋市では、都市魅力の更なる向上に努め、東京をはじめ多くの地域から人や企業にお越しいただける魅力と活気にあふれる「世界のナゴヤ」を目指しています。

指定都市が日本の発展を牽引

明治以来の中央集権的な体制を打破することは並大抵のことではなく、国や県から独立するぐらいの気概がなければ真の地方分権は実現しません。

住民に最も身近な現場を担いつつ、圏域全体、そして日本全体を牽引しているという、誇りと責任を持ちながら、今後もがんばっていきたいと考えています。

プロフィール

河村 たかし(かわむら  たかし)

生年月日:昭和23年11月3日
主な略歴:
一橋大学商学部卒業
家業に従事
平成 5年 愛知1区(中選挙区)にて衆議院議員に初当選
 その後、愛知1区(小選挙区)にて4回当選、計5回連続当選
平成21年 名古屋市長(現在2期目)

このページのトップへ戻る