新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

各市長の紹介

仙台市長:郡 和子

プロフィール

郡 和子(こおり かずこ)

生年月日:昭和32年3月31日
主な略歴:
昭和54年 3月 東北学院大学経済学部卒業
昭和54年 4月 東北放送株式会社入社
平成17年 4月 東北放送株式会社報道制作局部長
平成17年 9月 衆議院議員(1期)
平成21年 8月 衆議院議員(2期)
平成23年 9月 内閣府大臣政務官
       東日本大震災復興対策担当大臣政務官・宮城現地対策本部長
平成24年 2月 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官
平成24年12月 衆議院議員(3期)
平成26年12月 衆議院議員(4期)
平成29年 8月 仙台市長(現在1期目)

仙台市公式ホームページの市長紹介ページは以下アドレスよりご覧ください。
https://www.city.sendai.jp/shise/gaiyo/shichoshitsu/index.html

メッセージ

皆さま、こんにちは。仙台市長の郡です。

東日本大震災から、7年の歳月が経過しました。東北唯一の百万都市・仙台も、沿岸部を中心に甚大な被害を受けましたが、全国、世界中の皆さまから多くのご支援をいただき、復旧・復興の歩みを着実に進めることができました。心から感謝申し上げます。

仙台の「防災モデル」を発信 ―日本・世界の防災文化の発展に向けて-

2015年に仙台市で開催された国連防災世界会議では、仙台発の世界共通防災指針「仙台防災枠組」が採択されました。この指針における「ビルド・バック・ベター(より良い復興)」の理念の下、現在仙台市では、残された復興事業に力を尽くすとともに、震災の経験・教訓を踏まえた仙台の防災モデルの発信・伝達に力を入れています。

沿岸部では、震災後に開通した地下鉄東西線のターミナル・荒井駅にオープンした「せんだい3.11メモリアル交流館」、そして震災遺構「荒浜小学校」を通して、津波や自然の猛威を伝えるとともに、防災教育、研修旅行等の拠点として国内外の方々に見学・活用いただいています。また、2017年から、スイスの防災ダボス会議と連携し仙台で隔年開催する「世界防災フォーラム」など、防災関連の国際コンベンションなどの誘致・開催にも力を入れています。

これからも、世界中の防災・減災の文化と研究の発展に仙台・東北の知見が貢献していかれるよう、力を注いでいく考えです。

「杜の都・仙台」の伝統と新たな展開

仙台のまちづくりは、仙台藩祖伊達政宗公による城下の町割りに端を発します。城下の屋敷に実のなる樹木の植栽を奨励し、後に「杜の都」と称される緑豊かな仙台の都市景観が形づくられました。

戦火と都市化の波により多くが消失した「杜の都」の風景ですが、戦後のまちづくりを通じて仙台を象徴する「定禅寺通」「青葉通」のケヤキ並木、快適な都市空間としてよみがえりました。

仙台城築城に由来する「すずめ踊り」の舞台となる「青葉まつり」や、夏の風物詩「仙台七夕まつり」、日本有数の街なか音楽イベント「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」、冬の光の祭典「SENDAI光のページェント」などの市民が主役のイベントが、この「杜の都」で年間を通じて繰り広げられています。

現在は、「定禅寺通」や市役所庁舎を含む市中心部を、より賑わいと文化の香りにあふれる街なか空間へと再構築する検討に着手しています。また、東北の玄関口・観光拠点としての魅力創出に向け、各地の観光拠点をつなぐネットワークを拡大するとともに、仙台城三の丸跡地「青葉山公園」への新たな交流・観光施設の整備も検討するなど、仙台・東北の活力と交流の創出につながる取り組みも進めています。

是非皆さま、仙台に足を運んでいただき、伊達文化の香る「杜の都」をそぞろ歩いてみてください。

真に自立した都市を目指して

仙台市は、平成31年度に政令指定都市移行30周年を迎えます。人口減少と少子高齢化が進む中で、地方への新たな人の流れをつくり出しながら、各地域が将来にわたり「活力」を持続し、困難な諸課題に打ち克っていくために、指定都市が果たす役割は、ますます重要になっていると実感しています。

今後指定都市が、より自立した都市経営を可能とする力を得て、地域を牽引する大都市としての役割をさらに高められますよう、指定都市市長会の一員として、真の地方分権社会の実現に向けた取り組みに尽力したいと思います。

このページのトップへ戻る