新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

地方分権改革の必要性

財政上の課題

指定都市は、国・道府県道の管理その他事務配分の特例により、道府県に代わってこれらの事務(大都市特例事務)を行っているにもかかわらず、所要額が税制上措置されていません。 また、現行の市町村税は、消費・流通課税、法人所得課税といった、経済活動を反映できる都市的税目に乏しく、大都市特有の財政需要に見合う税収確保ができない仕組みになっています。

このページのトップへ戻る