新たな「大都市制度」の創設や「地方分権改革」の推進に取り組んでいます

調査・研究・データ

行政コスト計算書

行政コスト計算書とは、人的サービスや給付サービスなど資産形成につながらない行政サービスの提供のために、地方公共団体が1年間にどのような活動をしたのかについて、コスト面から把握するために作成するものです。

※ 情報の掲載を行っている市のみ表示しています (外部リンク・新しいウィンドウを開きます)

「行政コスト計算書(普通会計)」

普通会計

普通会計とは、地方公共団体ごとに各会計の範囲が異なっている等により、財政比較や統一的な掌握が困難なため、他との比較ができるよう、地方財政統計上統一的に用いられる会計区分で、「一般会計」と「公営企業や収益事業などを除いた特別会計」とを合算し、会計間の繰入、繰出し(重複分)を控除したもの。

このページのトップへ戻る